暗号通貨(仮想通貨)ビットコイン・ハイプ投資100レポート

毎月新しいハイプに投資してわかったことをレポートしていきます。投資の参考にしてください。

Mobail Go ローンチ直前!ウオレットを準備しよう

暗号通貨のICOで史上最高の資金調達をした「Mobail Go」

締め切り前にかなりの投資があり、最終$53000を達成しました。

 

発行量が1億トークンなので、投資額で最終的なトークン分配量が決まるのですが、

ま~ぁ日々減る減る・・・購入時より半分以下に減りました。

その分、1トークンの価値が上がったということなので問題はないです!

私はBTCで購入したので、BTCそのものの高騰もあり、1トークン単価が正しく出しにくいのですが、だいたいで計算してみたところ、1トークン=約80円強くらいかと思います。ローンチ前でこの価値は高いですよね。

 

ローンチは、1週間後です。

その前に、自分のダッシュボードにウオレットアドレスを登録しなけれななりません。

 

 

 

ICOに参加された方は、今週中に準備を完了してくださいね。

準備方法は、以下のとおりです。

 

 

ローンチ前準備

 

ご自身のMobileGoダッシュボードに、ウオレットアドレスを登録します。

アドレスが入力できるようになっていますので、確認してください。

 

トークンの受け取り方3種類

 

どの方法でトークンを受け取るかを決めます。

 

①ETHとして受け取る

Wavesとして受け取る

③ETH50%、Waves50%で受け取る

 

これ、悩みますね。

 

推薦しているウオレット

 

↓ EHTで取得される場合の推薦ウオレット ↓

MyEtherWallet(https://www.myetherwallet.com/)

 

Wavesで取得される場合の推薦ウオレット ↓

Waves Liteクライアント(http://wavesplatform.com/)

 

ウオレットの取得、使用方法についてビデオ(YouTube)があります。

説明は英語です(´・ω・`) 画像から手順はわかるので、確認してみてくださいね。

※今のところ、日本語翻訳字幕はありません。誰か入れてくれたらいいな~。

 

EXPLAINER VIDEO

www.youtube.com

 

 

取引所について

1週間後に、以下の取引所にローンチされます。

 

Bittrex (https://bittrex.com)

 

Liqui  (https://liqui.io/)

 

上記以外の、いくつかの他の大規模な取引所との準備を進めており、今後の発表する予定だそうです。

 

 

 

ETHトークンの現在の魅力についての保証や約束を引き付けることを考えると、近い将来MGO ETHトークンが取引プラットフォームへのアクセスを拡大することが期待されます。

Waves MGOトークン取引は、Waves liteクライアント内にあるWaves分散資産の取引所で利用可能になります。

 

ETHトークンの方が、大手の取引所での扱いが拡大しそうですね!

 

 

MGOブロックスワップ

ホワイトペーパーに記載されているように、MGO Waves資産とMGO ETH資産を1対1にスワップする必要があります。この技術はもともと第三者開発者によって開発されたものです。

今後の検査では、現在のブロックスワップ技術に潜在的脆弱性潜在的な攻撃経路があると感じています。

この義務は1ヶ月以上かかることがあります。この間、MGO WavesとETHの資産を交換することはできません。

最初に配信する資産の種類を決定する際には、この情報を念頭に置いてください。

 

インセンティブボーナス

このボーナスの請求に、WavesウォレットアドレスまたはIncent Exchangeアドレスを入力することができます。このボーナスは、7-10日以内に発行されます。ボーナスはあなたが受け取ったMGOの金額に基づいています。